和歌山

季節に伴い和歌山で出会いがある

悪女/中島みゆき
二人が自分の人生を見て暖めている
温水クジラの歌を交換する日和歌山で出会い
あなたが作る言葉は音

季節の言葉は温水(みづるむ/みずるむ)なかはる
幼年期の言葉は、暖かい水、暖かい沼、暖かい池、暖かい川です

春の水のぬくもりを高める。それに伴い、発芽した水生植物が成長し、水に生息する生物が活発に動き始めます。和歌山で出会い

温暖化するクジラが海を選んだ日
(土井明子)和歌山で出会い
考えることもあり、水を温めます

和歌山の出会いは夏だけじゃない!女性と出会う17の方法を徹底調査


(星野龍子)
古い椅子に座っていると、きしみ音がします
(細見綾子)
夜になると、月の水は非常に温められます
(岡本at)
悲しみは暖かいか暖かい和歌山で出会い
(稲葉Re子)
水が温まるときのことも考えられます
(桂信子)
獣や猛禽類を観察し、水を温めます
(飯島はりこ)
子供を愛する言葉
(中村Re子)和歌山で出会い
闇を得るのは難しい
(飯田竜太)

季節の言葉「春の水」は、海水ではなく淡水に使用されます。
「暖かい水」は、海水と、春に気分が悪くなる何かを見つけるときに使用されます。

二人の人生に生きる桜和歌山で出会い
(Bas松雄)
(私の人生、あなたの人生、そして二人の人生の中で桜は今も生きています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です